知られざる観光スポット

こんにちは。
今期の冬の寒さは例年以上と毎年言っている隊長です。

それにしてもインスタグラムにもアップしていましたが、手水の氷具合とか見たことない気がします。

さて今回は京都のあまり知られていないスポットについて
お話ししたいと思います。

千年の都である京都は794年に桓武天皇の平安京遷都により始まりました。
奈良の平城京時代に力を持ちすぎた仏教から離れる意味もあったようで、
平安京の洛中には東寺と西寺の二つのお寺しかありませんでした。

それから1200年の時代が移り、今では市内におおよそ1600ものお寺が存在します。

京都=寺社仏閣のイメージをお持ちの方には意外に思われるかもしれませんが、
数で言うと他府県の方が多いところもあります。
でも、清水寺・金閣寺・銀閣寺・東寺・天龍寺・南禅寺・建仁寺・泉涌寺・本願寺・大覚寺・大徳寺等々、メジャーどころの多さは観光地京都の特徴だと思います。

ちなみに1600という数はお寺の話なので神社は別の話になります。

これだけ多くの寺社仏閣がある京都市ですが、京都は古都ゆえに交通の便があまりよくありません。
何故かと言うと、京都市は歴史的建造物も多く壊すことができないだけでなく埋蔵文化財の宝庫なので掘ったら何か出てきてしまうからです。

例えば電車の路線を増やそうと地面を掘っても何か出てくれば工事がストップし、そこから調査が数か月間かかってしまい完成も大幅に遅くなります。
莫大な予算と期間が必要なことから、今後も簡単には電車の路線が増えることはないでしょう。

アクセスしやすい路線近辺にある寺社は来客者も多く賑やかですが、アクセスの悪い寺社との来客数の差は大きいです。
オーバーツーリズムという言葉のとおり、特定のところに人が集中しすぎて溢れ返り、京都の街の風情を味わうというよりも人山の中を歩く観光をされている方も多いようです。

 

賑やかな場所は言うまでもなく楽しい反面、色々と情報が多すぎて意識が外に奪われます。ずっといると少し疲れてしまうこともありませんか。

私の場合は長い時間居すぎると疲れてしまいます。
デパートの階段踊り場で真っ白になっているお父さんいますよね。あんな感じです。


逆にアクセスしにくい寺社は人が少なく静かなので空気感が違い、自分の内側に意識が向いて色々な気づきを得ることができるような気がします。

自然の音・凛とした空気に響く鈴や鐘の音・砂利を歩く足音・息使いすら感じられ自分を再確認できます。

魅力あるのにアクセス悪いな~って思う、そんな穴場へ気軽に移動できるのもカブツーリストの強みです。

 

私自身もまだまだ知らない場所が多いですが、これからどんどん発掘して新しい発見に出会いたいと思います。どんな物や人に出会えるのか楽しみです!!

 これだから、カブツーリストはやめられない!!


カブツーリスト隊長